あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回までのあらすじ&感想|意味深なセリフ、無茶ぶり設定に翻弄され続けたが、間違いなく今期ナンバー1ドラマだった!


第9話のあらすじ&感想

第9話のあらすじ



歩道橋から転がり落ちた彩子<日高>(綾瀬はるか)と日高<彩子>(高橋一生)。

警察は、連続殺人事件への関与が濃厚な日高陽斗と東朔也に緊急配備をかける。その東朔也=師匠は日高の双子の兄で、陸(柄本佑)ととある場所に向かっていた。

一方、河原(北村一輝)は捜査一課とは別に単独行動に出て…。


→目次へ戻る

→考察記事も読む


第9話の感想


彩子と日高の入れ替わりが成功したのか、失敗したのか気になる一週間だったが結果は入れ替わり成功。
確かにここで入れ替わっておかなければ、先に戻る機会はなさそうなので想像は難くなかった。

無事に本来の姿に戻ったというのに、なにかしっくりこない。
私たち視聴者はこのドラマの半分以上を綾瀬はるか演じる日高、高橋一生演じる彩子として観てきたので無理はないのか……。
それでもやはり主演の二人の演技には脱帽だ。
綾瀬は空回りの女性警官・望月彩子に戻り、高橋はどこか寂し気な日高陽斗に戻っていた。

第9話では彩子と日高、陸と日高の兄、東朔也がそれぞれ奄美に向かう。
偶然にも船上で再会した4人。
彩子の怒りは東に向けられたがそれは日高を思ってこそ。
これまでの彩子だったら犯人逮捕に必死だった。
しかし、しばらく日高として生きていた彩子の中には犯行に及ぶにも理由がある、ということを理解したのだろう。

綾瀬はるか、高橋一生、柄本佑という、そうそうたる顔ぶれのなか東朔也役の迫田孝也の演技も素晴らしかった。
ドラマの序盤では脇を固める一人としか思っていなかったが、ここまで注視される存在になるとは。
15分の差で地獄を味わうことになったおいたち。
不器用だけど真面目に懸命に生きてきた人生。
最後は膵臓がんで瀕死の状態。
東朔也という男が迫田の中にしっかり憑依されており、涙を流さずにはいられなかった。

そしてもう一人、北村一輝が演じる河原にも多くの視聴者が反応。
「北村さんの演技がうますぎてどんどん嫌いになる」
「刑事として正当なのになぜかヒール感」
さらには
「セク原も日高とスイッチして、ことのあらましを身をもって理解して欲しい」という意見もあった。
八巻(溝端淳平)のおとりにまんまとだまされる捜査一課をよそに、独自で行動する河原のやり方は乱暴すぎるが、このドラマには欠かせない存在であることは確か。
日高、彩子の両人を晴れて逮捕できた河原の最終話の動向も気になるところだ。

これまでネットを注視に考察が盛り上がっていたが、意外にも入れ替わりは彩子と日高の一度だけで伏線回収もシンプルなような気もする。
そうこう言っても次週、すべてが明らかになる同ドラマ。
果たして黒幕はいるのだろうか? 
視聴者が驚くようなオチを期待したいような、そうでないような……。

ここまできたら何も考えず、おとなしく週末を待つとしよう。

→目次へ戻る

→考察記事も読む

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第10話あらすじ&感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録