あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<真犯人フラグ 真相編>11話~最終回までの解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

第15話ストーリー&考察

第15話のストーリー


>>>「真犯人フラグ 真相編」の画像をすべて見る


凌介(西島秀俊)は、光莉(原菜乃華)と篤斗(小林優仁)から、一緒に失踪したと思われていた真帆(宮沢りえ)の行方を知らないと聞かされ驚く。子供たちの身に何が起こり、真帆はどこへ消えたのか…!?

瑞穂(芳根京子)は、茉莉奈(林田岬優)と高級サウナにいた。警察が林(深水元基)の葬儀に来たことを話す茉莉奈。2人は、何やら秘密を共有しているようで…。
瑞穂は、一星(佐野勇斗)が行方不明になったことをプロキシマの社員たちに伝える。一星の失踪は報道されておらず、マスコミに情報をリークして情報を集めようとする一同。瑞穂は警察に任せるよう止めるが…。

一星の消息はまったく分からず、光莉は不安を募らせていた。そんな中、阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)が光莉の事情聴取をする。光莉が「パパにも全部聞いてほしい」と言い、凌介も立ち会うことに。光莉は、事件発生からの一部始終を語り始める。明かされる数々の謎に、衝撃を受ける凌介。

一方、清明(桑名愛斗)を心配した鼓太朗(坂東龍汰)は、菱田家を訪れるが、そこである人物に襲いかかられ…!?
はたして一星は無事なのか?陽香(生駒里奈)の目的、そして瑞穂の秘密とは――!?


第15話終了時点での考察


瑞穂(芳根京子)に向けられた疑惑の目が、より強さを増した真相編5話。まずは、ポイントを箇条書きにしてみよう。

・瑞穂と茉莉奈(林田岬優)※林の婚約者 は知り合いである
・↑前からの知り合いではないにしろ、ある秘密を共有した仲である
・相良家に嫌がらせのビラを入れていたのは瑞穂である

今回の一件で瑞穂と茉莉奈が知り合いになっていたとしても、何ら不思議ではないと筆者は考えている。凌介(西島秀俊)のために身を粉にして動いてきた瑞穂だが、それゆえに事件との距離は近かった。一度、林らしき男に襲われている身でもある。茉莉奈と顔見知りになるタイミングがいくらでもあったのではないか。

嫌がらせのビラについても、最後の最後で”動かぬ証拠”のように「瑞穂が郵便受けにビラを入れている」動画を見せられたが……。その直前に、強羅(上島竜兵)が動画の細工をする描写があったおかげで、いくらでも「フェイク動画を作ることは可能」と私たち視聴者は想像できる。

「フェイク動画」で思い出されるのは、2019年に放送されたドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」だ。あの作品でも、フェイク動画によって根も葉もない噂が広まり、それを苦に自殺したと見られる女性生徒に焦点が当てられていた。

私たちは、何が”事実”で何が”偽物”なのか、見極めなければならない。



5話でのポイントはもう一つ。失踪した一星(佐野勇斗)の行方である。

誘拐・監禁されていた光莉(原菜乃華)の保護に成功し、篤斗(小林優仁)との再会もかなった。しかし、代わりに犠牲となった一星の安否が、一連の事件に大きな影を落とす。

5話を俯瞰してみると、瑞穂&一星が共謀し、今回の事件を企てたのではないかと読みたくなる構成になっている。ポイントをまとめていこう。

・光莉失踪のきっかけは、本人による家出だった
・光莉の家出を補佐した一星は、最初から光莉の居場所を知っていた
・本木陽香(生駒里奈)が一星の居場所を突き止め、光莉を監禁した

真帆(宮沢りえ)と林の浮気を知った光莉は、家族のことが信じられなくなり家出を計画。それを手助けした一星は、最初から光莉の居場所を知っていたことになる。知っていて、わざと「相良家全員の誘拐事件である」と全員を誘導していたのだ。

かねてより一星のストーカーであることが判明した本木。彼女に一星の居場所が知れ、それに伴って光莉の隠れ場所も明るみに出てしまった。「お父さんを殺してください」と主張していた動画も、本木に脅されたことによる偽装の動画だったのだ。

こう見てみると、一星と本木が共謀すれば、一連のことは簡単に行えるように見える。しかし、その線は薄いのではないか。本木は単なるガチのストーカーであり、一星もまた被害者であると見て問題ないと思われる。

そうなると、やはり怪しく浮かび上がってくるのは、瑞穂だ。



相良家の嫌がらせビラについては強羅によるフェイクだと考えられるが、どうしても疑惑が拭えないのは、強羅自身が瑞穂のことを知っている様子であること。

瑞穂は宗教団体「かがやきの世界」の関係者であり(たまに聞いているカセットテープが伏線とみられる)、すべては彼女が仕組んだことではないか。

瑞穂が一星経由で光莉の家出を知り、芋づる式に真帆の浮気の件も知った。凌介に少なからず好意を寄せていた瑞穂としてはそれが許せず、真帆を罪の意識から救う名目で手を貸したのではないだろうか。

だとすると、やはり菱田朋子(桜井ユキ)の自宅押入に”匿われている”のは、真帆本人だとみて間違いないと思われるのだが……。事実はいかに。

後少しで、すべての事実が明るみに出る。

※この記事は「真犯人フラグ 真相編」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第16話ストーリー&考察

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)日本テレビ