あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<六本木クラス>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】



>>>「六本木クラス」の画像をすべて見る

竹内涼真主演、テレビ朝日系列木曜ドラマ「六本木クラス」が2022年7月7日より放送スタート。

Netflixで配信されるや否や、日本でも大人気となった韓国ドラマ「梨泰院クラス」のジャパンリメイクとなる本作。主人公・宮部新を竹内涼真、初恋の相手・楠木優香を新木優子、新が経営する居酒屋のスタッフ・麻宮葵を平手友梨奈が演じる。

cinemas PLUSでは毎話公式ライターが感想を記しているが、本記事ではそれらの記事を集約。1記事で全話の感想を読むことができる。

もくじ

・第1話ストーリー&レビュー

・第2話ストーリー&レビュー

・第3話ストーリー&レビュー

・第4話ストーリー&レビュー

・第5話ストーリー&レビュー

・第6話ストーリー&レビュー

・第7話ストーリー&レビュー

・第8話ストーリー&レビュー

・第9話ストーリー&レビュー

・第10話ストーリー&レビュー

・第11話ストーリー&レビュー

・第12話ストーリー&レビュー

・第13話ストーリー&レビュー

・「六本木クラス」作品情報

第1話ストーリー&レビュー

第1話のストーリー

>>>「六本木クラス」の画像をすべて見る

2006年秋――父子家庭で育った高校生の宮部新(竹内涼真)は、愛想はないが真っすぐな性格に育ち、父・宮部信二(光石研)からの教えである「信念を持って生きろ」という言葉を胸に、警察官になることを夢見ながら父と支え合い仲良く暮らしていた。

そんなある日、信二が本社へ栄転することに伴って、新は転校することに。その前日、これまで信二が何かと気にかけていた養護施設に支援物資を届けるために一緒に向かった新は、信二が娘のように可愛がる楠木優香(新木優子)を紹介されるが、不愛想な性格ゆえにそっけない態度をとってしまう。

そして迎えた転校初日。クラスに案内された新は、偶然にも優香の隣の席になり、気まずさを感じていると、突然、教室である事件が発生! クラスメイトの桐野雄大(矢本悠馬)が長屋龍河(早乙女太一)に使い走りにされた上、執拗ないじめを受けるのだが、なんと他の生徒だけでなく先生までも見て見ぬふりで…。

実は、龍河は新の父が勤める巨大飲食産業「長屋ホールディングス」の会長・長屋茂(香川照之)の長男で、学校にも莫大な寄付をしている父の権力を振りかざして傍若無人に振る舞っていたのだ。居ても立っても居られなくなった新は、優香の制止を振り切って龍河の顔を殴ってしまい…!

連絡を受けて学校にやって来た茂、そして信二を前に、茂の顔色を伺う校長先生は新を退学処分にすると告げるが、茂は新が土下座をして謝れば退学処分にせずに許すと言い出す。しかし、父の教えを大切にする新は信念を貫き、「龍河に謝ることはできない」と土下座を拒否。信二はそんな新を誇らしいと言い、自らの退職も申し出て、信二は長屋ホールディングスを辞め、新は退学することに。

父を巻き込んでしまったことに申し訳なさを感じる新に、信二は「これからも信念を貫け」と優しく心強い言葉をかけ、父子で心機一転、前を向いて動き出すことを決意するのだが…この一連の理不尽な出来事は、やがて待ち受ける長屋ホールディングスとの壮絶な戦いの序章に過ぎなかった――!

第1話のレビュー

ついに来た。大人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」のジャパンリメイク「六本木クラス」放送! 原作ファンである筆者、初回を待ちに待っていました。

原作未視聴の方のため、ざっくりすぎるあらすじを。

父親を殺された主人公が、長い年月をかけて超大手飲食店の会長に復讐をするのが、この物語の大筋。壮大な復讐劇を描く傍ら、仲間で力を合わせ小さな飲食店を大きくしていく青春群像や、ハラハラドキドキさせる三角関係を元にした恋愛模様まで楽しめる。

冒頭から、クラブで華麗に踊る葵(平手友梨奈)のショット。彼女は主人公・新(竹内涼真)が経営することになる居酒屋のスタッフである。原作の1話冒頭はカウンセリングを受けるシーンだったが、リメイク版では知り合いの外国人女性と会話するパターンになっていた。

音楽に身を委ねる葵、英語ペラペラな葵、どちらも美しくカッコいい!

これまでの平手ちゃんも完璧だったが、このドラマにおける平手ちゃんのビジュアルは、筆者史上を更新する美麗さである。ハイトーンが似合いすぎて眩しい。1話での登場シーンは冒頭だけだったが、2話からはたくさん出てくることを楽しみにしたい。

ストーリーにおいては、原作リスペクトかつ日本独自のアレンジが加えられている点も、いくつか見られた。

転校初日にも関わらず、早々に退学となった新。同級生の桐野雄大(矢本悠馬)をイジメていた長屋龍河(早乙女太一)を殴ってしまったことが原因だった。父親・信二(光石研)の教えを守り、信念を貫いた結果である。

その後、新と信二の親子で食事を共にするシーン。原作では、父親が息子へ積極的に酒を勧め、注ぎ方や飲み方まで教示していた。リメイク版では、未成年であることを考慮し「飲むフリだけをしろ」と言うにとどめている。

また、おそらく全視聴者のトラウマシーンになっているであろう、会長が息子へ「鶏の首を絞めろ」と強要するシーン。原作での登場はもう数話あとだったが、リメイク版では1話の終盤に挿入されていた。会長が息子を心理的に支配している構図を、早めに知らしめる狙いだろうか。

以上に挙げた2点のシーン以外は、おおむね原作に沿った流れであり、撮影のされ方も忠実に再現されていた。

とくに、信二が龍河の運転する車に轢かれてしまったシーン。そして轢き逃げした犯人が龍河だと知った新が、雨のなかで彼を殴るシーンは必見すぎる。真に迫っていて、目が離せなかった。主演の竹内涼真が、さまざまなプレッシャーを背負いながら本作にかけている思いが伝わってくるようだ。

ストーリーもさることながら、このドラマにおいて筆者が強調しておきたいのは、各キャラクターの奇跡的なハマり具合である。

新を演じる竹内涼真、葵を演じる平手友梨奈はもちろんのこと、新の同級生で初恋の相手となる楠木優香を演じているのが、新木優子。1話では新と優香の高校時代が描かれるため、彼女の制服姿が見られたのだが……思わず「スアだ!」と声が出てしまった。

イジメっ子の龍河を演じる早乙女太一にも触れておかねばならない。髪をオレンジに染めたビジュアルも相まって、見ている側をこれでもか! とイライラさせてくる。この役は視聴者をイライラさせてなんぼだ。もはや彼をキャスティングした時点でこのドラマ、成功では? と思えてしまう。

そして、圧倒的権力を示す長屋ホールディングス会長・茂を演じるのが、あの香川照之である。

息子である龍河の罪を揉み消した会長に対し、新は復讐心を燃やす。父親を殺された恨みを晴らすため、何年にもわたる壮大な復讐劇が幕を開けるのだ。

新と茂が対峙するシーン、なんともビリビリ痺れた……。香川照之は原作を見ずに撮影に臨んでいるらしいが、そうとは思えないほど役が憑依している。これから何度もこの二人のバッチバチなシーンを見られると思うと、ワクワクしてしまう。「面白くなってきやがった!」と叫びたい。

大人気韓国ドラマの日本版リメイクにあたり、さまざまな声が飛び交うことだろう。

しかし、韓国と日本が協力し合い、さらに世界を盛り上げていくエンタメシーンを作れたらーーこれ以上熱いことはないのでは?

互いを比べ合うのではなく、良いところを掛け合わせながらより良い作品を打ち出していく。スタッフとキャストの覚悟を、今後も楽しみにしたい。

※この記事は「六本木クラス」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第2話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録